IT活用がどうして商売繁盛になるのか?「ビジネスサポート」と言ってるのに、ほぼ8割方の解説記事や提案がパソコンやITの活用解説。それって本当に「商売繁盛」につながるの?という「?」マークが付く方は少なく無いと思います。けれども、まずはIT活用にきちんと取り組みましょう!

ITが収益を上げてくれるなんてことは絶対にない

いきなり否定から入っちゃいましたが、これが本当のこと。IT(パソコンとか、ネットワークとか、ホームページとか、Facebookとか)が直接売上アップをしてくれる、なんていうことは絶対にありません。過去もなかったし今後も間違いなくないでしょう。

どんなにITやWebで商売が上向いたと力説されても、そこには必ず「経営者(=人間)の手間と労力」が介在しています。それを疎かにしてITがひとりでに金儲けをしてくれるなんていうことはないのです。

じゃあ、IT利活用は商売繁盛につながらないじゃないか!

いいえ、そんなことはありません。「ナビゲーションって?」「どうして小さな会社・お店に特化してるの?」の記事でもお伝えしているように、小さな会社・お店の経営者さんにとって、圧倒的に足りないのは「時間」です。

事務作業やちょっとした連絡・コミュニケーションなどが効率よく、短時間で済ませられれば、今までより時間に余裕が出ます。この「短時間で済ます」「効率よくすすめる」事がITの一番の得意分野のひとつです。

つまり、「ITを上手に使って今やってる仕事を短時間で済ませ、効率よくはかどれば、その分だけ自由に使える時間(=本分の商売・事業について考え、取り組む時間)を確保できる」というわけです。

小さな会社・小さなお店こそ、「なかなかはかどらない伝票処理」とか「書類探しで時間取られて提案を考えるヒマもない」という状況を、ITを大いに活用することで省力化・短時間化するべきです。

パソコンを覚えて使うということとは全く違う

けれども、多くの方が理解間違いをしている事があります。それは「ITの利活用するには、パソコンを覚えなきゃいけないよね」と思っている事。

  • パソコンの使い方覚えるためにスクールに1年通った。そしたら社内の書類を色々WordやExcelで作れるようになった。(キレイ、見やすい)
  • 経理担当の社員に弥生会計のやり方を覚えさせた。結果、会計入力が出来るようになって、手描きの帳簿じゃなくなったので税理士さんにとても褒められた。
  • 販売管理で使ってるExcelの表がどうも実情にあってない。それで必死で勉強してExcelデータの編集できるようにして、販売管理のExcelデータの不具合がなくなった。

・・・これじゃあ全然ITを活用していることにはならないんだ、ということはお分かりいただけるでしょうか?パソコン入れて、使い方覚えて、結果やってることが以前と同じ。ただ単に体裁が整ったとか周りに「すごいね」と言われたとか、「不具合だったものが使えるようになった」というだけでは、経営者のあなたの「時間」「労力」は何も軽減されていないのですから。

「パソコンを覚えて、業務をIT化する」のではないのです。「ITをどういう風に使ったら、仕事の時間が短くなるか?二人でやってたものが一人で出来るか?」・・・それを考えて実現するのが「利活用」の真の意味です。

活用の過程で「パソコンの専門知識」が必要になったら、専門家に相談すれば良い。そのために私のようなITコーディネータがいます(ITコーディネータは全国に5000人以上いるITと商売繁盛の専門資格者です)。

どうやったら「ITを業務の効率化に繋げられるか?」が分からなければ、それも自分でひとり悩まずに私達専門家に相談してくだされば良い。経営者のあなたがやらなければならないのは、「どうやったらこの弥生会計のデータを入力できるるようになるか?」を考えることではなく、「どうやったらウチの商品・サービスがもっとお客様のニーズ・要望に応えられるか?」を考えることです。ITの利活用は、その「考える労力と時間を創りだすための手伝いをするツール」です。

ITを存分に活用する・使いこなすことで、商売の本分に携わる労力と時間を生み出す・・・それがIT利活用が商売繁盛につながる、ということの本質です。

サイト内検索(Google検索)


私どもの解説記事は「公開日」時点での情報を元に記載しております。公開日から期間の経過している記事については内容が古くなったり、場合によっては記載内容の通りでなくなる場合もございます。ご参考にしていただく場合には、必ず自己責任にてお願い致します。 

banner2 enqこの記事の内容について質問したい
もっと詳しい内容が知りたい
自分(自社・自店)の場合について個別に相談したい

 

 

banner aboutus02

banner aboutus03

banner aboutus04

banner aboutus05